読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色褪せぬまま 見上げ歩くよ

煌びやかな世界の端っこ

私のV6楽曲リクエストの内訳

もう4月も終わりですね。残りあと数時間です。明日はもう5月です。5月は五月病のイメージがあるけれど、5月8日にシングルが発売されるし、そんなことを感じる暇もなさそうです。そもそも私の仕事がシフト制のため、16連休だの12連休だの5連休には全く関わり合いがない。ゴールデンウィークの中で休みがあるのは5月4日だけだ。私としては仕事が増えるので早くゴールデンウィークが終わってほしいという気持ちが今の段階で既にある。仕事が増えることは残業の可能性が高まるので稼げるけれど、基本的に残業はしたくない。

そんな私のゴールデンウィーク事情でしたが、先日締め切ったV6楽曲リクエストの内訳を記録にしておこうかと思います。

V6楽曲リクエスト

  • 期間:2015年3月19日~2015年4月20日
  • 投票形式:シングル、アルバム・カップリングを最大3曲ずつ投票。シングル、アルバム・カップリングは1曲ずつ必ず選ばなければならない。
  • 最大投票数:期間中毎日投票すると、33回の投票が可能。シングル99票、アルバム・カップリング99票が最大投票数。

 

結果として、私が投票した回数は23日。投票率は約69%です。4月の上旬までは毎日投票していたんですが、色々とごたついて片付けに奔走して投票の機会を逃していました。もったいないような。でもあの時はそれどころじゃなかったから仕方ないと自分を慰めてみます。

 

シングル(投票総数69票)

1位:Sky's The Limit 9票

 現段階で発売されているシングルで最も新しいSky's The Limitが1位です。なんとなーく予想はしてた。というのも、Sky's The Limitがめちゃくちゃ大好きというわけではなく、V6にヘッドセットでガシガシ踊ってほしいと思い、後半からはヘッドセットで踊れる曲をメインに投票していたから。しかし、Sky's The Limitは20周年目前シングルと言われただけあって、これから先もV6についていきたいなぁと単純に思わせてくれるシングルだったので、普通に好きな曲でもある。

 

2位:ROCK YOUR SOUL 7票

ヘッドセットでガシガシ踊ってくれと言う願いが集まったROCK YOUR SOUL。前半はあまり投票していなかったけど、買ったのに見ていなかったROCK YOUR SOULの初回限定盤Aの6人のマルチアングルを見ていたら、かっこよく踊る6人が目の前で見たくなって、投票が集中したんだと思う。ガシガシ踊ってほしい~! Sky's The Limitとはまた違ったかっこよさがROCK YOUR SOULにはある。男臭いとか埃っぽいとか、なんだろうかっこよさだけじゃなくて、男性が持っているものをガツンと見せつけられているようで楽しい。そもそもタイアップタイトルがタイアップタイトルなのでそういうコンセプトになったのは理解できる。

 

2位:Sexy.Honey.Bunny! 7票

ROCK YOUR SOULと同票2位。これはヘッドセットとか関係なく、Sexy.Honey.Bunny!の一番最初の「Sexy!」を聞くまでは死ねないと前々から思っていたから、投票した。坂本さんの生「Sexy!」が聴きたい。そしてあの腰と、肩を回すフリも是非一度見てみたい。私の大好きなLIVE DVDのコンサート名にもなっているから、どうにも思い入れが強いらしい。

 

4位:君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか*1 6位

私がV6のファンになろうと思ってから初めて発売されたシングル。バラード中のバラードで、ピアノ1本の中輝く6人の歌声が素直に聞こえることろが好きだ。ソロの担当が無かった森田さんと三宅さんの低音が、ファンになりたてだった私にはとても新鮮で、音楽番組よりも、イヤホンをつけて流すCDからの音を聞く方が断然好きだった。森田さんの「あの日の僕を許さないでいいよ」はいつ聞いても、聞き惚れてしまう。次のシングルが発売されるまでは、毎朝これを歌いながら会社へ出勤していたくらい。

そういえば、この曲は女性が言って欲しいことをV6に歌ってもらおうと思って作られた曲だと、昨日尾形真理子さんの記事を読んで知りました。歌詞より曲名の方が気になって仕方がなかったからなぁ…結局誰に向けた誰の歌なのか未だに私の中で解決に辿り着いていない…

news.ameba.jp

 

5位:涙のアトが消える頃 5票

奥行きを感じられる美しいストリングスに次いで聞こえてくる、森田さんの切ないトーンの「君がいなきゃ生きられない」で始まる涙のアトが消える頃。全てそぎ落とした曲調と声の綺麗な世界観がそこには存在しているようで、初めて聞いたときに聞き惚れたのを覚えている。ワイドスクランブルで初めて聞いた気がする…。コンサートでは美しいストリングスはあるかどうかわからないけど、「涙の痕が 消える頃に 僕は今よりもきっと 君を愛してる」井ノ原さんの声が聴きたい。うずうずする。君君が発売されて次のシングルで、毎朝君君を聞いていたけれどこれが発売されてからはこれに切り替えた。車内でいつも騒ぎながら歌っている。あと、ラブセンで限定配信だったメンバーのサビソロの森田剛インパクトは凄まじかった。何故あれをCDの初回特典にしなかったのかと今でも悔やむ…。

涙のアトが消える頃の「アト」だけどうしてカタカナなのか考えた時期もありました。

shbwill.hatenadiary.com

 

6位:CHANGE THE WORLD 4票

私がV6をV6として認識した初めての曲はwillだけど、私がV6の曲に初めて触れたのはCHANGE THE WORLDだった。そうだよ犬夜叉だよ~~犬夜叉好きだったんだよ~~。犬夜叉が大好きで、オープニングを担当していたV6のCHANGE THE WORLDはアーティストが誰とか気にせずに好きになった。V6のファンになろうと思ってVery best IIを借りて聴いたときに、一番最初に流れてきたCHANGE THE WORLDに、「この曲知ってる!V6だったんだ~~懐かしい!これが運命か!!!」と思ったほどに衝撃を受けた。運命だと感じたのは自分が好きだったものと好きになるものが繋がっていると知ったらときめいてテンション上がったからそう感じたんだと…思う…恥ずかしいな!(笑) だから、V6の曲に初めて触れたCHANGE THE WORLDを歌う姿が見たいと思って投票。

 

7位:MUSIC FOR THE PEOPLE 3票

「V6のデビューシングルだから」、「合いの手を入れたい」という理由で、シングルを選ぶときに迷ったら投票してた。20周年を迎えるV6のMUSIC FOR THE PEOPLEはどんな風に聴こえるのか考えただけで震える。20周年を迎えるV6と一緒に「ふっふー!」って言いたい。言わせてくれ。ふっふーしたい! あと、2013年のベストアーティストで千鳥格子の衣装が森田さんに起こした奇跡を未だに覚えているよ私は…ありがとうフード…フード大好きだよフード…。

 

8位:TAKE ME HIGHER/バリバリBUDDY!/GUILTY/only dreaming/メジルシの記憶/蝶/タカラノイシサンダーバード-your voice-/僕と僕らのあした 2票

17位:Catch/Rainbow/本気がいっぱい/出せない手紙/強くなれ/ありがとうのうた/野性の花/LIGHT IN YOUR HEART/Swing!/HONEY BEAT 1票
この辺りは、「あっ、この曲聴きたい!」とふと思い立って投票した楽曲。集計を出して、この曲にもっと票を入れたかったなぁと思う曲は何曲かある。もっと投票したかったな~!

 

アルバム・カップリング(投票総数69票)

シングルとは違い、一筋縄ではいかなかった。だって投票できる楽曲多すぎるよ…せめて「シングル部門」「アルバム部門」「カップリング部門」にしようよ~~と投票しながら何度思ったことか…。

 

1位:SP"Break The Wall" feat.V6&☆Taku Takahashi(m-flo) 7票

 悩んだり、気づけば投票している割合が高かったSP"Break The Wall"。この曲を聴くとセクバニコンのあの照明に惚れてV6のファンになろうと心に決めたのを思い出します。約5分間を踊り続ける姿と、エフェクトのかかった声が好きで、出来ればその姿を一度見てみたいと思うけれど、きっとあの姿はセクバニコンだけの中だけで存在していたもので、実際に見ることは叶わないだろうなぁと投票しながらも諦めていた。そもそもこの楽曲はDL配信だからCD音源として存在していないところも悔やむべきところ。コンサートで歌わなくてもいい。せめてCD音源化してください。お願いします。

 

1位:親愛なる君へ 7票

SP"Break The Wall"と同票。この曲は、曲名が好きな系統で、大まかな予想を立てて聞いてみたらその予想をものの見事にひっくり返してきた曲で、ズドーンッときた。本当に。こんなタイトルでこの曲調!?しかもOMGコンではセンターステージでこんなに踊る!? みたいな驚きがたくさんあって、何度も聴いちゃう。親愛なる君へという曲名の響きも、イントロで足でリズムをとるV6も、終わりを告げる恋心に手紙を読み上げるような歌詞も、全部が全部好き。

 

3位:Eyes to Eyes 7票

Sky's The Limitのカップリング曲で、初めて聞いたときに直感で好きだと思った。初めて聞いた三宅健のラヂオから流れるEyes to Eyesに「これ絶対私の好きなやつ…」とイントロから決めつけたら本当にストライクでSky's The Limitが発売されるのを心待ちにしていた。「星の数だけ 愛の言葉ささやいて「I Love U」」と気持ちよさそうに歌い上げる坂本さんの姿が想像できて、「これ絶対コンサートで見たい!!!」と初めて聞いたときからずっと思ってた。疾走感の中にどこか古っぽい表現や可愛らしいドキドキが詰まっていて、そんな曲を6人が歌うのかと思うと胸が踊って、ワクワクしたんだよ~~!!

あと、私はこの曲に関して、にこれでもかと言うほどにウィンクを入れる振付にしてくれないかとずっと騒いでいる。

 

4位:fAKE 5票

それぞれの個性がある声がエフェクトにより違った一面を見せてくれるのが好きだ。1位になったSP"Break The Wall"もそうで、このfAKEのエフェクトが好きだ。色んな声音が重なり合って、小さな繊細な空間を作り出しているfAKEが、切なそうに嘘で塗り固められた愛を詰めるV6に心を鷲掴みにされる。OMGコンの1曲目に、fAKEを持ってきたセンスも好きです。アイドルが「フェイク」を歌うってどうよ?笑顔も囁きも優しさもぜーんぶfakeだって、初っ端から歌っちゃう彼らに面白いと常々思います。

 

 5位:OK 4票

 前にaskで熱弁したのでコピペしました。OK好きです大好きです。

 横一列に並ぶ井ノ原さん岡田さん坂本さん、センターの岡田さんが歌い出せば揃ったダンスに心を揺さぶられます。三人でトリオを組みながら踊り、残りのメンバーは次に備えながら外周(というのだろうか)を移動するのも目移りします。坂本さんセンター時の「携帯の~」と歌った瞬間の顎を手でクイッとする岡田さんはこの世の綺麗を集めたかのような美しさなので是非見て欲しいです!!!三人でトリオを組んで踊る姿って、センターの人を引き立たせるジュニアのような感じで、ジュニアを使わずにコンサートをするV6のらしさが見える気がします。自分たちだけでコンサートを作り上げているようなその世界観が好きなんですよね。あ、話がずれました。横一列でステップを刻む6人も、揃っているのにどこか個人の癖やテンポが垣間見えて、6人6色のダンスに目が足りない状態です。なんで目って2つしかないんですかね…とV6を見ていると思います。
全体的にOKの振りは大好きなんですが、中でも目を引くのが、バクステのような場所で、6人が足を止めて踊るシーンです。「止まないrefrain~」と坂本さんが歌う中、5人は腰を落とします。そして坂本さんが右手で持ち上げる仕草で、屈んでいた5人が背を正すんですが、その振りが、坂本さんが5人をマリオネットのように操っているように見えて「かっけぇ…」と厨二心が刺激されました。あと、マニアックですが、「キミは忘れてるの?」と「いたずらに笑い」の間にあるキックする仕草大好きです。あの一音で「ぶいしっくすーーーー!!!」ってなります。

 

6位:ミュージック・ライフ 3票

イントロで左右から別の声が聴こえ、響く「Don't Stop Music」。左が三宅さんで右が森田さんのイントロから、直訳で「音楽を止めないで」と声が届く。歌詞が音楽の楽しさを散りばめられた言葉でたくさん詰まっていて、もっとV6に歌ってほしいなと思った一曲。「駆け抜ける鼓動 止まるまで 僕のミュージック・ライフ」という歌詞では、死ぬ一瞬前までこの人達ずっと踊ってくれるんじゃないかなぁとそんな淡い希望すら持ってしまう。踊ってくれ歌ってくれ。というか死なないでくれ。

 個人的に「音楽は こころとこころを 震わす魔法さ」の後の「"MUSIC IS MAGIC"」がすごくディズニーを連想させるので、先輩がディズニーランドの話をすると私の頭の中でこのフレーズがエンドレスリピートします。V6でディズニーランド、待ってます。

 

 7位:一生で最後の恋/will/愛をこめて/POISON PEACH/Believe/小さな恋のおはなし (20th Century feat. Coming Century)/Honey (20th Century)/INNOCENCE (20th Century)/Are you ready tonight? (Coming Century) 2票

一生で最後の恋は初めて聞いたときに、三宅さんから始まる曲ってすごく珍しいなって思い、印象に残った曲。すごく可愛らしい、よくあるマンガの高校生の恋愛にありそうな歌詞で、これをイメージした少女漫画来ないかなーって未だに思っている。

willは私が初めてV6をV6として認識した思い入れのある曲で、私のジャニーズにハマった原点かもしれない曲。

POISON PEACHはカラオケで歌ったら滅茶苦茶盛り上がる曲。主に私だけ盛り上がってる。さすがに仲のいい何しても怒らない友人の前でしか歌えない。あと妹とか。歌詞も歌い方も曲調も凄くセクシーだけど、どこか盛り上がるような騒ぎたくなるようなテンポの持って行き方が好み。「重ねた妄想 CRAZYな衝動」とか無駄に叫びながら歌ってるゴメン…。関係ないんですが、先輩を助手席に乗せていた時に、ウォークマンからSupernova→POISON PEACHのアダルティーなコンボが続いたあとにCHANCE!が流れ、そして極めつけに官尾のイントロが流れ出したときは冷や汗かきました。

BelieveはV6とは関係なく思い入れがあった曲で、これをV6が歌っていたと認識したのがVIBESコンのDVDだった。学校へ行こうでも歌っていたけれど、記憶の薄れていた私の頭に蘇らせてくれたのはVIBESです。今は大っ嫌いな親友と唯一一緒に合唱コンクールに出た歌で、悪い印象があったけど嫌いになれなかった曲で、それをまさかV6が歌っていたとは…!と嬉しいような懐かしいような気持ちになれた。私が死んだら葬式ではBelieveを流すように妹には力強く教え込んでいて、一番最初の「たとえば君が」の森田剛の声を聴いたらおちおち死んでいられないので、私は生き返ります。

小さな恋のおはなしTwitterで妄想を垂れ流したので引用します。

 Are you ready tonight?はREADYコンでイントロが流れるときにカミセンが登場して、そんな中三宅さんが「みんな騒げぇえええ!!!」って叫んだのは最高にテンションが上がったので、私もコンサートで声を上げたいので是非。是非。

 

16位:Air/BEAT OF LIFE/Bouquet/CHANCE!/FLASH BACK/Mission of Love/Voyager ~ボイジャー~/逢いたくて/選ぶ前に飛べ/君がいない世界/シュガー・ナイトメア/Dahlia (20th Century)/Next Generation (20th Century)/逢いに行こう (20th Century)スタートライン (20th Century)/ちぎれた翼 (20th Century)/BREAKTHROUGH(Coming Century)/Hello-Goodbye(Coming Century)/Precious Song(Coming Century) 1票
「あっ、この曲聴きたい!」とふと思い立って投票した楽曲たち。集計を出して、この曲にもっと票を入れたかったなぁと思う曲は何曲も…。
Mission of Loveの2番「寂しさは誰だって 耐えるものだからって」の岡田さんの声のトーンがも物凄く好み。聞けたらいいけど、コンサートでは2番歌ってくれないかもしれないからなぁ。

Voyager ~ボイジャーは車で流すと、壮大な気持ちになって、今から冒険にでも繰り出すような感覚に浸れるから、仕事に行きたくない時にたまーに流してる。イントロがいいんだよね、イントロ!

君がいない世界の森田さんと坂本さん無双感が新しいなぁと思う。序盤ずっと森田さんで、これ森田ソロ…?と思うくらいに森田さん。三宅さんが自分は切なさ成分を持っていると言っていたけど、森田さんも切なさ成分を持っていると思う。掠れた声音に未練タラタラな歌詞が素直に胸にくる。

Dahliaは個人的なトニセンと言えばこれ!みたいな曲。3人のハモりが本当に重なり合ってて聞いてて落ち着く。よくトニセンの話をするときに「安定」という言葉を使うけど、それはトニセンの積み重ねとトニセンだからこその持ち味で、私としては最大級の褒め言葉。安定したトニセンの味が好き。

スタートラインはサビのテンポが好みで、青春を感じて走り出しそうなトニセンが想像できて楽しい。トニコンのときに歌っていた姿を見て楽しそうだなぁ~~!!と素直にトニセンに悶えたのを覚えている。

ちぎれた翼厨二病を連想させるような歌詞とPVと曲調が好きで、それをトニセンが歌っているってことがもっと好きになる要因で、これ今のトニセンが歌ったら面白いだろうなぁって思う曲。

Hello-Goodbyeはサビまでのまくし立てるカミセンが好きで、それが男の子が群がる女の子へアピールする曲ってところが面白い。なんていうか、可愛いんだよね歌詞と焦っているような感じのまくし立てが。それをカミセンが歌うんだから可愛いこと間違いなし!みたいな。

Precious Songはうきうきしながら歌っている姿が想像できて、可愛い。可愛いカミセン好きな私にはたまらない。かっこいいカミセンも大好きだけどね! イントロの「大切な言葉 僕が歌うよ」の入り方から可愛くて、重なるカミセンの声のトーンが好きです。

 

 

と、こんな感じで投票しました……が。

リクエストで歌ってほしい楽曲をたくさん選んだけれど、V6が考えて選び抜いたセットリストでいいのよ、ツアーは。だってそれを楽しみにしているんだし。ともかくツアー楽しみです!!コンサートに行くことができるチケットください!!!!

*1:以下、君君