色褪せぬまま 見上げ歩くよ

煌びやかな世界の端っこ

土曜スタジオパークのスタジオ観覧メモ

 

 

長野さんがNHK土曜スタジオパークに出演すると聞いたので観覧に行ってきました。

スタジオの外から観覧(以下に、外観覧と書きます)する目的で行ったら何故かスタジオの中で観覧することになったので、そのときのメモ的なものです。

 

1.当日の13:00までにスタジオパークの入口に集合する

どこで集まっているんだろうと思っていたけどその近辺に行ったら既に人がいたのでわかりやすかった。チケットを買う場所の反対側に柵ができていて、その中で抽選の時間が来るまで待ちます。柵に入る前にスタッフの方から「15時まで絶対に抜けられない」「顔がガッツリ映ります」「当選した場合は誰かに権利を譲ることができません」と注意事項を説明してもらいます。説明がとても丁寧だった。しかも来る人来る人にちゃんとする。まとめてじゃなく、柵に入る人が来るたびに。丁寧。

 

2.待つ

抽選の時間が13時なので、13時になるまで柵の中でおとなしく待ちます。柵の中に居る間はなんか動物みたいな気持ちだった(?) 来た順番で並ぶので、先頭が一番来たのが早い。飲食禁止とか言われなかったので、飲み物は持って並んだ方がいいかも。

13時きっかりに抽選締切になるので、13時には必ず柵の中にいないといけない。12時55分くらいにスタッフの方から諸注意の説明があります。丁寧。このときに当日のスタジオ観覧の当選人数が発表されます。ホームページにはおよそ20名と書いてあって、変動があるらしい。20名より増えるのか、減るのかは不明。今回は当選人数は23名でした。

 

3.抽選

抽選方法は箱に手を入れて引いたコインで行います。コインっていうから金属製のメダルみたいなものかと勝手に想像していたら、おもちゃのプラスチック製のコインでした。それに番号が書いてあって、番号が書いてあると当選となります。番号が書いてあればと説明を受けたけれど、局員の人がコインを遠目から見るだけで「当たり」と判断していたのでコインの色でも分けているのかもしれない。外れのひとのコインの色を見ていないので予想ですが。コインを見て思ったのですが、箱の中で指の感触だけで番号が書いてあるものを探すことは不可能です。番号はマジックで書かれているので感触は分からないです。

f:id:shbwill:20170530233531j:image

▲おもちゃのプラスチック製のコイン

抽選は先頭の人から始まります。当選人数分のコインができった時点で抽選は終了しますので、列の最後であればあるほど抽選に参加できる可能性が下がります。

友達と来ても、1人ずつ抽選をします。なので2人で来ても1人が入れない場合もあります。また自分が当選したものを友達に譲ることもできない。その説明は待機中にしていたかな。

 

4.当選・落選

当選した場合は別の柵に移動、落選した場合はそのまま解散です。落選した時はスタジオの外観覧に参加することも可能らしい。

当選した人は生放送に参加するにあたっての諸注意をききます。スタジオパークに入場するにあたって入場券が必要で、購入していない場合はスタッフの方に今買ってきてください~と言われるので、外れたら帰ろうと思っている方はすぐに買わなくても大丈夫。

そのままスタッフの人に誘導されるままスタジオパークの中へ。スタジオには荷物を持ちこむことはできないので、入り口近くのコインロッカーに荷物を預けます。コインロッカーは事前に当選人数分は確保しているというさすがの対応。コインロッカーは100円で、お金は戻ってくるので放送直前に荷物を入れる場合でも鍵を掛けて自分で確保するようにと言われます。

この時点では外観覧はまだ入場していないのでトイレはすいていて、スタジオ前も通り道の仕切りがされているだけでスタジオを外から見ることはできた。

 

5.集合

説明が一通り終わるといったん解散します。集合が13時40分なので、解散から集合までが20分くらいしかないです。その間にトイレや化粧を済ませておいてくださいねと言ってくださるスタッフの対応のよさ。

時間になると引いたコインに書いてある番号順にスタジオのすぐ横のスペースに3列で並びます。もし時間に間に合わなかった場合はそのまま始まるらしい。時間になって集合すると既に外観覧の人は入っていた。並んでいる間に長野さんや滝沢さんがスタジオで最終チェックをしていたみたいで、外観覧の人の悲鳴がちらほら聞こえた。スタッフさんに「みなさんは近くで見れるので少し我慢をお願いします><」とフォローしていたのでNHK対応良いな~~とほんわかしていた。

 

6.スタジオ入り

スタジオに入る前にスタッフさんにコインを返します。入るときに外観覧のひとたちの目の前を通るのでアッスイマセ……って気持ちになる。コインの番号順に座ると思っていたら中は完全に自由。お好きな場所にお座りください状態だった。

外観覧の人から見て奥の位置は角度がついてスタジオ内部を完全に見渡せないので、ちゃんと見たい人は窓際に座るのがオススメ。ただし映る確率は高い。たぶん。映るといっても一瞬だから特に気にしなくてもいいのかも。

椅子は背もたれがついているので座りやすい。長時間背筋ピーンで座るのが苦手なので有り難かった。

着席すると観覧担当のスタッフさんがおおまかな説明をしてくれます。スタジオ観覧のやることはただ一つ。拍手です。役割:拍手です。20数名でとにかく拍手をします。観覧担当のスタッフさんもこれまた優しくておだて上手でNHKに対する信頼感がうなぎのぼり。拍手のタイミングはこの観覧担当さんが出してくれます。もし見えない位置にいたとしても、最初に手を叩いてくれるので「あ、ここで拍手なんだな」とすぐに分かります。基本的にVTRあけに拍手。

 

7.生放送スタート

スタートするとゲストが出てきたときに拍手をしたり、VTRあけに拍手をしたりで、特に忙しいわけではなかったです。のんびり長野さん綺麗だな~~~(拍手)という感じでした。

VTR中に渡部さんが長野さんや滝沢さんに話しかけているのが微かに聴こえてくるのでほんわかした気持ちで見守る。これは外観覧の人には聞こえないのな?いやマイクつかってるし声は拾っているか。

今回のスタジオパークは晴れ時々ファームのことだったので、畑で収穫した野菜が並んだり、畑で作った料理が出てくるのでスタジオの中がすごくいい香り。お腹すいた。スタジオの隣接した部分に部屋があるみたいで、そこで料理を準備しているみたいで匂いがすごい。卵白とはちみつのパックは収録中に作っているらしく、その部屋から電動泡立て器の音がグオーーーーーンと聞こえていました。

 

8.生放送終了

生放送が無事終了するとゲストが帰るのを見送ってから解散。まだ司会の二人はいらっしゃったけど、スタジオから出ます。もう自由なのでそのまま帰っても大丈夫。

 

一連の流れはスタッフさんに任せておけばいいので、スタッフさんの注意をきちんと守ればいいだけです。スタッフさんとてもいい人ばっかりだから!!

自分が調べた時に観覧の一連の流れがわからなかったのでまとめただけでした。終わり!