読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色褪せぬまま 見上げ歩くよ

煌びやかな世界の端っこ

仕事に疲れた時に優しくして欲しいジャニーズ10選

雑記 ジャニーズ

私は今疲れている。8月下旬から職場の業務内容が一変することになった。うちの会社はベンチャー企業と自らそう呼んでいることもあり、業務形態が1年ごとに変わる。昨日まで事務をしていたと思えば明日から営業やってねと言われるようなふり幅の広い変化が1年に1度ある。働いている側としてはこれほど迷惑なことは無い。慣れが安心感を生むと思っている私にとって、この1年に1度が死ぬほど嫌だ。そんな1年に1度がそろそろやってくる。それに向けて他の業務以外を引き継ぐために日夜てんてこまいで、そして去年死ぬほど嫌だった業務にやっと愛着が湧いてきたものを他へ分散させることになった。私は今疲れている。ストレスのレベルが常に高い状態だ。

村を焼くジャニーズがいるなら、振ってほしいジャニーズがいるなら、詐欺にあいたいジャニーズがいるなら、勉強を教えて欲しいジャニーズがいるなら………仕事で疲れた時に優しくして欲しいジャニーズだって居てもいいだろう!!!! 

というわけで本題です。上の長ったらしい文は華麗にスルーしていただきなかったことにしていただいて構いません!ただの導入です。あと偏見で書いています許してください。

 

10位:中丸雄一(KAT-TUN)

帝王。ぜっっっったいに仕事で泣き言を言ったら「は?」って返してくるよね中丸さん。優しくされたい。癒されたい。慰めて欲しい。けれども、ダメならダメで叱ってほしい!!(ランキングの根本が崩れ始める音) 仕事がどうの、上司がどうの、後輩が人の話を聞かない、業績が上がらないとべらべらべらべらしゃべり続けて、中丸さんが一言。「それお前も悪いよね。」デスヨネー!ってなりたい。こう、何だろう、優しくされたいけど、その仕事はまた続けていかないといけないし、結局自分で解決していかなきゃいけない問題が絶対あって、それに向かっていくために冷静に客観的な中丸さんにバッサリ切り捨てて欲しい。正論を並べて、ぐうの音も出ないほどに追い詰められて「くっそー…!」って思って、でも自分も仕事を舐めてたな、後輩の言い分も分かる、上司がやりたいことだって分かる、業績が上がらないのは自己責任だし、仕事は自分が続けていけるから今ここにいる。冷静に自分を見直す機会が欲しい。中丸さんにズバズバ言われて、うん、うん、うんと頷きながらジンジャエールを飲み干すよ。お酒弱いから中丸さんと話をするときはソフトドリンク飲んでますね私。一通り言われ続けた後、中丸さんがハァーッとため息をついて、「まぁ好きなんでしょその仕事。頑張ればいいじゃん」って言ってくれたら何でも頑張れるよ私。めっちゃ頑張る。この仕事好きじゃないんだけど頑張るよ!!!

 

9位:滝沢秀明(タッキー&翼)

ねえねえこの前放送したTOKIOカケルで女子の悩みを聞きながら料理を作る滝沢さん見た???滝沢さんに相談したくない???? 番組放送中に思っていたのが、「滝沢さんが自分の為に料理を作ってくれて尚且つ相談も乗ってくれるって最高じゃん」ということ。滝沢さんに至っては優しくされたいというか、話を聞いて料理作ってくれるだけでいい。私も仕事の話するけど、滝沢さんは空返事で料理作ってくれていて構わない。私はそれを「絶対聞いてないだろうなーでも横顔綺麗だなー」と滝沢さんの綺麗な顔が一生懸命集中しているフライパンに向けられているのを眺めたい。それだけで癒される。その料理は「大変だと思うけど、これ食べて明日も頑張って」と言って私の目の前に置かれるわけだから万々歳じゃん? 癒されるしお腹も満たされるし滝沢さん綺麗だし。明日も頑張る~~~~!!!

 

8位:生田斗真

生田さんも滝沢さんと同じ顔で癒されたい枠なんですけど、2007年のイケメンパラダイスで中津秀一のイメージが私の中では強い。なので、こうパーッと明るくさせて欲しい。うだうだ仕事行きたくない、やめたいと落ち込む私に「まぁまぁそんなこと言わないで、…あっ、じゃあ気分転換にどっか行こう!」と連れ出してくれ生田さん。まずはボーリングして、昼ご飯はジャンクフード、そのあと行先も決めずにドライブをして、最後は夕日見ながらアイスを食べて、ぼーっとする。「楽しかった?」と聞いてくる生田さんに素直に頷いて、「じゃ、また辛くなったら連れて行くから呼んで」って爽やかに笑って言われたい。毎日呼ぶわ!!って心の中で叫びつつ、頷いてアイスをかじります。あ~~~~これ仕事行きたくないとか言ってる場合じゃないわ~~~と、これじゃ仕事やめられないわと仕事を続ける理由の一つに生田さん存在を追加したい。アイスを食べる生田さんの横顔美しいので、なおさらアイスも美味しく感じます。

 

7位:小山慶一郎(NEWS)

これは10位の中丸さんとは真逆。一緒にお酒飲んでボロボロ泣きながら、騒ぎながら、仕事の愚痴とか言い合いたい。私の小山さんのイメージが嵐にしやがれのリーダー会でボロ泣きしたあの姿の印象が強いってこともあって、小山さんはお酒+話をすると泣くイメージがある。泣くと感情がリセットされて、スッキリするので、お酒を飲みながら騒ぎたい。小山さんと。お酒を飲み始めはお互いの愚痴を「うん、うん」と親身になって聞くけれど、どんどん酔っていくと、「あーーーそれわかる!わかるけどさぁ!ほんとそれさぁ、どうにもできないじゃん!」とどうでもいいことで共感して実の無い話を展開したい。お互い酔ってボロボロ泣きながら、相手の話を聞いて、相槌を打って、またお酒を飲んで、泣いての端から見たら何やってんだコイツらみたいなことを小山さんとなら出来る気がする。単純に小山さんの泣いてる顔見ると泣けてくるんだよね!なんかわからないんだけど! とりあえず泣きたい!デットクスしたい!!と思った時は小山さんに電話して、「うん、ちょっとさぁ、飲みたいんだけど、うん、いつ暇?え、今?うん飲める飲める」ってそのまま居酒屋にレッツゴーしたい。「嫌だけど、辛いこともあるかもしんないけど、やるしかないじゃん。楽しいんだもん。俺頑張るからさぁ、そっちも頑張ろうよ」って小山さんが言ってくれるなら私辛くても毎朝5時半に起きて職場に向かう生活を続けられる。

 

6位:坂本昌行(V6)

 慰めて優しくしてほしいけど、なんで疲れているのか説明するのも面倒でただ背中に持たれて時間を過ごしたいのが坂本さん。愚痴を聞いてほしいけど、説明するのも億劫で、ただ傍にいてほしいって時があるじゃないですか、私はそういうのは滅多にないんですけど、そんなときに背中に持たれるもしくは抱き着いて落ち着きたい相手に選びたい。坂本さんのその大きな背中に持たれながら時間を過ごしたい。坂本さんも疲れているんだろうなと察して、パソコンの3Dソフトでお隣のお家を作っててもいいです、無言でいいんです。そのパソコンを叩く音だけの空間に癒されたい。ぼうっとしてたら、坂本さんが背伸びをしてこっちを見て「…なんかお腹すかない?」「…すいた」「どっか食べに行くか?」「…やだ」「じゃあ何か作るから立ってもいい?」「…だめ」ってね!!!甘えるよ!!甘える私に坂本さんはしょうがないなとまたパソコンに向かう訳です。無言で甘やかしてくれる人っていいよね!!!坂本さんの背中に甘えたいんだ!!!

 

5位:三宅健(V6)

 仕事に疲れた!ミスった!!上司に呼び出されて面談された!!!気持ちが落ち込んでもう無理!!!!帰宅するなり部屋に戻って大きめのクッションに顔を突っ込んで死んでいると、やって来てほしい三宅さん。帰ってくるなりただいまも言わず、着替えもせずにクッションに顔をうずめている私を見て一言。「ただいまは?」そこかよ!!!見てわからない?私めちゃくちゃ落ち込んでいるの!その言葉を無視していると、乱暴にクッションを取って、「ただいまは?」ともう一度聞いてくるものだから、仏頂面でただいまって返したい。三宅さんは挨拶で出来る関係を大事にしそうなので、まずは帰ってきたらただいまを言え、話はそこからだというスタンスでいて欲しい。甘えん坊・ほっとけないと最近は言われていますが、あの方はお兄ちゃん気質なので、目の前で落ち込まれているとそれこそ放っておけないと思うので、「どうしたの?」と聞いてきます。出鼻をくじかれているので、溜まりに溜まったものをガーッと矢継ぎ早に言葉を続け、はっと冷静になって喋りすぎたと思ったら、きちんと聞いてくれる三宅さん。一つ一つ自分の考えをちゃんと言葉にして伝えてくるその姿に、冷静になって、落ち込むだけじゃだめだと奮起したい。「今日の事は置いておいて、甘いものでも食べてリセットしな。冷蔵庫にあるプリン食べていいからさ」 アフターケアもばっちりな三宅健推せる。「ありがと」と返すと「頑張ってたらちゃんと形になるから、どうにかなるよ」と頭を撫でるお兄ちゃんにプリンを食べなくても元気を出すよ私…! 

 

4位:田口淳之介(KAT-TUN)

 きょうは会社休みます、でしたっけ…あれで見た田口さんの居そうで居なさそうな同僚感が堪らない。あんな同僚居たら年下の彼氏より同僚の方に意識が行くわ!!と思っていながら見ていました。残念ながら全部は見ていないけど。 ともかく、田口さんには同僚として慰めてもらいたい。例の如く上司に呼び出され、仕事が終わらず珍しく残業。外の暗さを感じながら無言でキーボードを叩いていると、田口さんが「あれ?残業?今日無かったんじゃないの?」とわざわざ聞いてくる。ほっといてくれと思っても聞いてくるし、それが焦っている自分をいらつかせるもんだから、我慢できずに「ほっといてよ!」と暴言を吐いても、「なんで?」って逆に聞いてくる田口さんに呆気にとられたい。「残業あるなら手伝うし。言ってよ~水臭いじゃん~~」と隣で私の分の残業を一緒に手伝ってくれる田口さん。黙々とやってくれるその姿に、苛立ちをぶつけてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいになりながらキーボードを叩くと、「どうせあの上司にいろいろ言われたんでしょ?気にすることないよ、あの人機嫌悪いとこっちに当たってくるだけだからさ」無言でマウスをカチカチ。「何かあったら話とか聞くから、あんまり自分だけで解決しようと思わないでよよ。あっそれともこれ終わったら一杯ひっかける?どう?」とあの笑顔でこっちを向いておちょこで飲むポーズをする田口さんに、あーーーこいつ狡いわ、そんなこと言われたら上司のこと考えてる余裕なくなるに決まってる…と何か始まる音が聞こえるよね!!!田口さんとオフィスラブしたい。(本音)

 

3位:森田剛(V6)

仕事に疲れてデスクでぐったりしている私に缶コーヒー差し入れしてくれるだけで生き返りますので森田さん宜しくお願いします。

 

上の一文だけで森田さんに関しては片付けられちゃうんだけど、あまりにも短すぎるから蛇足を書き連ねる。

社内でかっこいいな~と思っているちょっと先輩の森田先輩が「お疲れ。これ飲めよ」と缶コーヒーを差し入れしてくれます。しかも冷たい!これ買ってきたばっかり…!と感動するけど、残念ながらコーヒーが全く飲めない私。森田先輩がダメなんじゃない、コーヒーを飲めない私がダメなんだと自分に言い聞かせ「ありがとうございます!飲みます!!」と無理矢理にでもコーヒーを飲みます。苦いくらいなら我慢する!!!あとで砂糖水飲みます!!! 必死に森田先輩にコーヒーが苦手なことをばれないように飲んでいると「そっちの業務は大変だと思うけど、期待してっから。よろしくな」と思わぬ言葉を貰ってむせる私。森田先輩にそんなこと言われたら頑張るよ…疲れたとか言ってられないよ……かっこいい先輩に期待されているならその期待に応えたいという理由でチョイスした森田さん。ちなみに後日コーヒーが苦手だということがばれ、森田先輩に「お前コーヒー飲めないんだって?」と冷や汗をかくイベントが発生します。

 

2位:井ノ原快彦(V6)

 井ノ原さんって私の中で上司にしたいジャニーズNo.1なんですが、そんな井ノ原さんには仕事で落ち込んでいる私の話を聞いてほしい。基本的に上司やリーダーとの面談や会議が大っっっ嫌いの私も、井ノ原さんとなら何時間でも面談や会議をしたい。井ノ原さんの性格が人間として好きなこともあるし、誰と接しても相手の長所や短所を包み込んでそれを生かそうとする心遣いや「嫌いな人はいない」と言い切れるその人柄の良さ、悩み事があれば打ち明けて相談したくなるようなオーラというか、包み込んでくれそうな親身な対応など、色んな井ノ原快彦を形成している要素の全てひっくるめて井ノ原快彦という人間が好きです。あれ、話がずれた…? ともかく、業績が伸び悩んで、「ちょっと面談しよっか~」と業務の合間に井ノ原部長に呼び出される私。「最近楽しいことあった?」とすぐに仕事の話ではなくて周りの事から聞いてくれる井ノ原部長、「あ~~なるほど、最近部屋の片付けしたのね!いいよねぇ部屋が片付くと気持ちもリフレッシュするし、家に帰ってきたときにさっぱりするからいいよね!!」といいリアクションをくれるものだから、和みながら面談が進む。「今月がダメなら来月って考えもあるけど、それじゃ〇〇さんの為にならないと俺は思うの。だから今どうにかしよう!〇〇さんなら出来るから!俺もしっかりサポートする!!」って言ってくれるなら私井ノ原部長の為にマジで業績戻すから(真顔)

仕事のことで悩んでいる人にガチでオススメしたいのは、BAILA8月号に掲載されている「井ノ原快彦の人生相談」。白黒の6Pなんだけど、井ノ原さんの言葉を読むと新たな視線で考え直すこともできるし、ちょっと悩んでいることも軽くなる気がするからとてもオススメ。

BAILA8月号 (バイラ)

BAILA8月号 (バイラ)

 

 

 1位:松岡昌宏(TOKIO)

 松岡さんを1位に持って行きたかったからこの記事を書いたようなものです!!!松岡さんに慰めて欲しいんだ私は!!!!!

松岡さんの名言メーカーっぷりが本当に大好きで、松岡さんに悩み事を相談したら悩みが解決するし活力が湧いてくるしむしろ悩んでいた自分はなんだったんだ!!!ってなりそうなんですよね。相談して今のこの気分を解消したいんで……松岡さん相談所開いてくれないかな~~~!!松岡さんに対しては希望とかあまりなくて、ありのままの松岡さんに相談に乗ってほしくって。だから優しくして欲しいとかじゃなくて、自分がしっかり仕事に向き合うために話を聞いてほしいなぁって言うだけの選択なんですけど。ひとしきり松岡さんに相談して、たくさん名言を貰い、松岡さんの持論を聴き、自分の中で決着を仕事って、結局生きていくためにはやらなきゃいけないものだから、自分の好きなことだけやっていたいけどそんな甘いものじゃないと思うし、納得いかないことだって面倒だったり辛いことも多いこともあるわけで、それを乗り越えるには周りの力も必要だけどいざとなったら自分の力でどうにかするしかないんですよねと自分の中で結論を出したら、ビール片手に聞いていた松岡さんがにっと笑って「わかってんじゃん。俺必要だった?」って言ってくれそう。その結論に導くきっかけは松岡さんがくれたのにね!!もうなんだ、好きだ!!!!ありのままの松岡さんに相談したいと言っていただけあって、あまり想像ができないということもあるので、相談所松岡が開かれることを心よりお待ちしています。

 

 

 最後は掛け足で大雑把ですが、現在の気持ちはこんな感じです。慰めて欲しいです。仕事がんばります。

自担に関しては、朝起きた時にたまたま見たWSとかで「〇〇くんが可愛くて♡」「ほんっと可愛いですよね♡」とゲロ甘な声を聴くだけで、コイツ駄目だ…早くどうにかしよう…幸せそうだもんな……あ、そうだお金稼がなきゃ……という気持ちになり、最終的に仕事がんばろうという気持ちにつながるのでそのままでいて欲しいです。ヒゲ剃ったね。

 

追記:と、ここまで書いておいて、先程Johnny's webでシゲアキ先生が嵐さんと岡田さんでご飯を食べに行った話を見て、悩んでいる姿がアイドルとしても人間としてもちゃんと生きてるって感じがして、とても好感を持ったので、ランキングに入れたくなりました。小山さんとシゲアキ先生と私の3人で泣きながら仕事の愚痴を言い合って明日も頑張ろうと酒を飲む会を開催したい。