読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色褪せぬまま 見上げ歩くよ

煌びやかな世界の端っこ

20150425ネクジェネ/習慣をやめる/大人ってすごいな/「いい人」と言われる井ノ原さん

ラジオ 20th Century

予告

~イノッチ激白?!自称○○宣言!など、トニセンの赤裸々ぶっちゃけトーク満載の55分!~

◇チーム・トニセン!

 

オープニングトーク:井ノ原快彦

井ノ原「例えば、習慣になっていることをやめようとしたときに、ぱったりやめるって方が結構楽だったりするなぁと思って。例えば煙草。ぱったりやめる方が逆に楽だと。一日一本しか吸っちゃいけませんってなる方が、結構つらいと思うのよ。お酒もそうなんですよ。ぱったりやめたらもう酒場に行かなきゃいい。だけど、酒場には行ってもいいってなると、辛いじゃないですか。一杯目のビールは飲んでいいってなると、辛いでしょ?むーりー!ってなるでしょ?」
長野「誘惑がね」
井ノ原「なるでしょ?」
坂本「ムリ」
井ノ原「最近僕は、例えばスマートフォンを、やっぱなんだかんだで日常的に毎日見ちゃったりして。何の意味もないのを見ちゃったりする、これやめなきゃなぁって。人の連絡とか来るのをすぐに返したいと思っちゃう性質なんだけど、1回やめてみようと思って、家に置いてきたんですよ。でも、別にそんな困らなかったのね。あ、これいけるなって思ったんだけど、そんなんじゃ甘いなって自分で思って、手に持ちながら見ないっていう方が、かっこいいんじゃないかなって思って」
坂本「うん」
井ノ原「今は持ち歩いてますって話です」
長野「それ誘惑じゃない…?(笑)」

  • スマホを持ち歩いているけど、見ないということを実践している自分は、居酒屋に行っているけどビールを頼まないということと同じと井ノ原さん
  • 「家に(スマホを)置いてたら、見ないんじゃなくて見れないんだよ!」と独自の理論を展開する井ノ原さんに、「酒飲んでる?」と言い出す坂本さんと長野さん
  • どうやら井ノ原さんのテンションが、新年会の時のテンションと同じらしい
  • 結局、続いたのは2日らしい。

坂本「見ちゃう、すごい見ちゃう。」
井ノ原「あるでしょ?誰からも連絡来てないのに、1回ちょっと見ちゃったりして」
長野「それはあるある。意味なくメール見返したりしちゃって」

  • 天気予報をすごく見ちゃうらしい坂本さん

井ノ原「わかる!すっげぇわかるそれ~」
長野「気温とか何パーセントとかね」
坂本「さっき見たじゃんっていうのに、また見ちゃう」

 

1曲目:「Timeless」

坂本「さぁこちら、イノッチが出演しているドラマ9係の主題歌にもなっています。V6でTimeless」

坂本さんが井ノ原さんの事を「イノッチ」って呼ぶの珍しい!

 

  • 習慣を突然やめたことは無いかと聞かれ、「俺はないかな~」と答える長野さん
  • その答えに、「そっか酒も煙草も」と言う坂本さん*1
  • 流行に乗っからない生活をしている長野さん
  • 「食べ歩きをぱったりやめるとかね!」と井ノ原さんが発言し、静寂が訪れるブース内
  • 食べ歩きをしないという行為はストレスになってしまうので却下という流れに
  • 坂本さんは煙草をぱったりやめた

井ノ原「坂本くんは?」
坂本「俺なんだ…煙草かな?」
井ノ原「煙草ぱったりやめたよね~」
長野「うん~」
坂本「あとお酒も、ミュージカルはいるとぱったりやめるね。」
井ノ原「やめられるんだよね」
坂本「やめられる」
井ノ原「それは、逆に喉が、声が出ないことの方が辛いから」
坂本「そうそうそうそう」
井ノ原「その先にやり遂げた快感があるから、やめられるんだよね」
坂本「そうそう」

  • 芸能人は仕事の一環なのでダイエットは簡単にできるとトニセン
  • しかし急激に痩せるのは危ないと忠告するトニセン
  • 井ノ原「本当にいいダイエットって、朝飯食べるから」

坂本「朝飯食うとね、体が起きるじゃん。体が燃えるから、痩せやすい体になっちゃうんだよ」
井ノ原「燃焼させるからね。」
坂本「俺ミュージカル入るとき、規則正しくなっちゃうからさ、痩せて行っちゃうのよ」

  • 結論は食べ過ぎなきゃいい、バランスよく食べればいいとのこと
  • 自転車の盗難防止用のシール、鳥のうんちシールの話に
  • その流れで自転車と車の話に
  • 道路にペイントされている部分を走る自転車に気を付けて運転する井ノ原さん
  • そこをたまに自転車で走ったりするけど、怖いので内側を走る坂本さん
  • 普通のハンガーだけど上を伸ばすとバスタオルもかけられるハンガーをヒルナンデス!で見ていた坂本さん
  • ヒルナンデス!をよく見る坂本さん

ヒルナンデス!はウチではやっていないなぁ…

  • 100均に行くとまとめ買いをしちゃって高くなっちゃう井ノ原さん
  • 買ったことに満足しちゃって袋から出さないこともある井ノ原さんと坂本さん

井ノ原「あさイチでやった。お買い物行く時は飯食ってから行った方が、余計なものを買わない。夕飯の買い物に行く時は、昼飯食ってから行くと、『これうまそう』って言うのが無いから、冷静に買えるんだよ」

  •  ちょこっとした買い物なら「ぽちっとな*2」でいいという話に

トニセンの「ぽちっとな」のイントネーションならamazonなのかなって思っちゃう

  • 最近長野さんもぽちっとなするようになった

 

2曲目:リクエスト「Eyes to Eyes」

 

大人ってすごいな

 長野「以前、近所の温泉に行った時のお話です。私が髪の毛をシャンプーでわしゃわしゃ泡立てていると、何か声が聞こえた気がして、泡に気を付けながら周りを見てみると、私の隣に3歳から4歳くらいの男の子がいて、私を見て『ひとりでかみのけあらえてるね すごいね』とにこにこしながら話しかけてきました。その子にはすごいことをしているように見えたんでしょうか。トニセンの皆さんは子供の頃、大人ってすごいなって思ったことはありますか?」

  •  子供のころの写真を見返すと、親が自分を抱きながらくわえ煙草をしていたと井ノ原さん
  • 昔はよくそんな姿を見たけど、最近はあまりないなぁと
  • 昔は結婚会見やバラエティ、ゴルフ中継でスパスパ吸っていた時代だったとトニセン
  • 煙の中を生きていたトニセン
  • 煙草の匂いをかぐと懐かしい気持ちになるのは、昔 親や親戚が集まった後の部屋が煙草の香りで充満するときのこと思い出すからだと井ノ原さん
  • 昔はどこでも煙草を吸っていたので、大人が煙草を吸っていて、煙草を持つ手を下ろしていると子供の目線になるので、それで何度かやけどをしたことがある坂本さん
  • 長野さんは、親においしいものを「ちょっとちょうだい」と言うとくれたので、親ってすごいなと思っていた
  • 自分はあげたくないもん!と思っていた長野少年
  • おばあちゃんが甘栗を持ってきて、その甘栗を剥いて、渡してきたときにに「要らないの!?こんなウマいもの要らないの!?」と思っていた井ノ原さん
  • 子供の時に一番うまいと思った食べ物がハンバーグの長野さんと、ココナッツサブレの井ノ原さん

井ノ原「子供の時、こっれが一番うまいと思った食べ物何?」
長野「何だろう…ハンバーグとかかな。エビフライとか2本しかないのに、(親が)1本くれたりとか。2本しかないのに!(とか思ってた)」
坂本「それスゲーな」
井ノ原「あのさ、ココナッツサブレってあるでしょ?四角いやつ。」
長野「はいはい」
坂本「あるある」
井ノ原「あれ食べた時に、『こっんなうまいものはあるのか』って思って、友達家に呼ぶときに、隠したことあるもんね」
坂本長野「(笑)」
井ノ原「こればれちゃうと…俺はこれ一生かけて大事に食べて行こうと思っていたから」
長野「wwww」
坂本「一生かけて?(笑)」
井ノ原「一生かけて。それくらい、こんなにウマいんだったら絶対高いと思っていたから」

  •  ココナッツサブレを隠しているのを見つかり、全部食べていいよと言われた井ノ原少年

井ノ原「俺が隠していたら、『そんなもん全部食べていいよ』って親に言われて、『嘘だろ…』って」
長野「こんなの全部食べていいんだみたな(笑)」
井ノ原「なんて優しいの…みたいな(笑)」

  • 凧揚げをすぐあげられた時に「スッゲーな大人!」と思った坂本少年

 

3曲目:リクエスト「ユメノサキ」

 

 「いい人」と言われる井ノ原さん

坂本「私はこの春大学生になりました。『おめでとうございまーす』同学年の人達は仲良くやっていけそうな感じはするんですが、私が不安なのは先輩との関わり方です。私がテンションが上がると自然体で振舞うことができるのですが、どこまで自分を出せばいいのか分からなくて、素を曝け出しすぎて引かれないか心配です。新歓などで、先輩と関わる上でこれだけは気を付けた方がいいと思うこと、またはこんな嫌な後輩は嫌だと思う人物像があれば教えてくださいお願いします。」

  • 逆に考えなくていい、そう考えているだけでいいとトニセン
  • 自然体で振舞えることができるならそれでいい

 

井ノ原「私はソフトボール部に所属しているんですが、後輩に舐められてしまっています。そこでトニセンの皆さんは後輩から舐められないように気を付けていることはありますか?あと、後輩に本気で切れてもいいんでしょうか?」

  • 舐める後輩はいるよねと井ノ原さん
  • 「舐められないように」と思ったことは無いトニセン
  • 坂本さんは後輩に「怖い」と言っちゃう
  • 井ノ原さんも後輩に「怖い」って言うし、本気で舐めてたら「舐めんなよ」って言っちゃう
  • 手を出すのはよくないけど、キレちゃった方がいいよとトニセン

雰囲気的に、一度ちゃんと話した方がいいよみたいな感じです。

  • 最終的に無視するとか。でも、やることやっていれば舐められない
  • 現場で「いい人」と言われることが多いけど、そこまでいい人じゃないと思っている井ノ原さん

井ノ原「俺は"いい人"って言われることが多いから。多いけどさ、そこまでいい人じゃないと思って。だから、言われちゃうと、その人裏切っちゃうと思うから、頑張っちゃうんだけど、でも頑張らなくてもいい人だなぁって自分で思ってるわけ。」

長野「うんうん。そこ頑張る必要ないよ」

井ノ原「頑張んなくても、元々俺いい人なんだから、そのままでいいんだと。って自分で思ってるわけよ」

坂本「うん。」

井ノ原「俺いい人だから」

坂本長野「(笑)」

井ノ原「俺いい人だもん、だって。チョーいい人だから」

長野「うんうん」

井ノ原「頑張んなくていいやって」

長野「何言ったっていい人なんだからね」

 井ノ原「無理しない。これでいいの」
長野「出しちゃった方がいいですよ」
井ノ原「自分が分かっててあげれば、」
長野「相手に合わせることないですよ」

  • 「長野くんと坂本くんはいい人だから、無理しないで自然体でいてね」と井ノ原さん

 

  • チームトニセン!*3
  • チームトニセンの説明を何故かDJ口調で説明する井ノ原さん

「シンデレラというお話がありますが、シンデレラの本当の名前はなんでしょうか?」
1.シンダー
2.レイラ
3.エラ

トニセンの回答:3.エラ

普通は長い名前から短いあだ名になるものが今回は逆だねという話になり、分からないから長野さんが決めることに。

 正解:3.エラ

「エラはいつも仕事を終えると、暖炉脇で休んでいたため、炭まみれでした。これを見た姉たちが、炭まみれ*4を意味するシンダーをつけて、シンダー エラ、繋げてシンデレラと呼ぶようになったそうです」

これは井ノ原さんが読んだ文を書き起こしましたが、どうやら炭と灰を間違えて井ノ原さんが読んでいたみたいです

  •  灰と炭を間違えまくる井ノ原さん
  • 知らなかったと「へー」と言いまくるトニセン
  • 当てずっぽで当てた長野さんにお礼を言いながら、「これからも導いてください」と井ノ原さんと坂本さん

「チームトニセン!で罰ゲームの時に食べているレモン、日本での旬はいつでしょうか?」
1.春
2.夏
3.秋

 トニセンの回答:3.秋

前にロケに行った長野さんと、親戚がレモンを作って送ってくれる時期が秋だからと考え、最終的には「導いてくださいよ長野さん」と長野さん任せになるかと思いきや、親戚がレモンを送ってきた時期の秋に決めた長野さん

 正解:3.秋

10月~11月が旬

  •  旬じゃなくても食べられることは有り難いことだと作ってくれる方々に感謝するトニセン

「うまいという言葉はどんな食べ物に由来するか?」
1.果物
2.お米
3.馬肉

 トニセンの回答:2.お米

ダジャレ路線で考えてみるトニセン。響きや感じの事を考え、最終的には「長野さんお願いしますよ~」と長野さんへ。「食に関してはやっぱり…」と坂本さん、「導いてくださいよ~」と井ノ原さん。「レモン食べたくないんです~」と頼む井ノ原さん可愛い

正解:1.果物

熟すことで甘くなるので、熟すと書いて「うむ」と読み、「うまし」→「うまい」と変化した

  •  間違えていると分かるや否や手のひら返しで長野さんを責める坂本さんと井ノ原さん
  •  「長野くん教えてあげるよ!」と言いながら、解説の載っている紙を読む井ノ原さん
  • 「長野くん3つ食べて!」と自分の分のレモンも長野さんに食べさせようとする2人

 長野「おまえらも食え」
井ノ原「ウルトラマン答えられなかっただろ~」
坂本「そうだよ」
長野「何週前だよ(笑)」
井ノ原「www」
長野「4週くらいぐらい前だよ。そこまでじゃないか」
井ノ原「"マン"*5失格だっつってんだよ!」
長野「ん~~??」
坂本「wwww」
長野「食え喰え!もう~」

 ちなみに、長野さんのウルトラマン失格のネクジェネはこちら

shbwill.hatenadiary.com

 

エンディングトーク

  • レモンを食べて、水を飲み過ぎたのでおしっこに行きたいと収録中に言い出す井ノ原さん
  • 「どうでしたか今日?」といつもとは違ったまとめ方をしようとする坂本さん
  • それに困惑して答えられない井ノ原さんと長野さん

井ノ原「なんだっけ…もう、ねぇ~」
坂本「なんだっけ?(笑) やったこと忘れた?(笑)」
井ノ原「忘れちゃったです」
坂本「wwww」
井ノ原「おしっこしたいです」
長野「(笑) 意識がそっち行っちゃってますね」
坂本「ね。おしっこの為に、しめましょうか」
井ノ原「しめてください」

 

聴きどころ:大人ってすごいトークをしている3人の少年時代は可愛らしいなぁと感じるし、やっぱり今の時代の少年と過ごした環境が違うと分かるとまた面白い。しかし最後はあれで締めて良かったものだろうか…(笑)

 

*1:井ノ原さんと坂本さんはお酒飲んだり煙草を吸ったりしていたりする時期があったりなかったり

*2:ネット通販

*3:リスナーが出題する3択クイズに3人で考えて答えを選択。正解ならチームトニセンの勝利。不正解なら罰ゲームでレモン丸かじり

*4:炭まみれを噛む井ノ原さん

*5:ウルトラマン